ここが素晴らしいアンティーク家具

アンティーク家具とは?

アンティークとはフランス語で骨董品、古代の、という意味を持ちます。元々は古代ギリシャやローマの貴重な遺物、美術品をさす言葉として使われていましたが、現在は製造されてから100年以上経った手工芸品、工芸品、美術品をアンティークと呼んでいます。
同じような意味合いの言葉ににヴィンテージというものがありますが、ヴィンテージは製造されてから30年以上100年未満のものをさし、アンティークとは明確に区別されています。
アンティークの定義のなかには正確には家具は含まれていないのですが、当時の職人の技術や材質の良さが表れている家具は価値が高いものが多く、コレクターや趣味で集めている人も多いほど魅力的なものです。

アンティーク家具の魅力

アンティーク家具の魅力はなんといっても職人による素晴らしい技術とデザイン、質の高さにあります。
製造から100年以上ということは、現在のように大量生産できる技術はなく、ほとんどが職人による手作業で作られます。アンティーク家具はどれも繊細な装飾、彫り物がされていて、全て手作業で行っていると考えると技術の高さが伺えます。
また、材質も高級なマホガニーやウォルナットなどを惜しみ無く使用していて、木目や色味が美しいものが多いです。
しかも、これらのアンティーク家具は現在同じように作ったものと比べると、かなり割安なので購入しやすいというメリットもあります。古いので多少傷や塗装のハゲているものもありますが、それも味だと思えるのがアンティーク家具の魅力です。