初心者にもできる簡単な加工

家具をカスタマイズしてみよう!準備するものは?

最近DIYが流行っていますね。DIYとはDo It Yourselfの略で、何でも自分で作ったりしてみよう!ということです。今回は人気のアンティークテイストに家具を加工できる方法をご紹介します。例として木製の小物から始めてみるとやりやすいかもしれません。まずは以下のものを準備しましょう。 ・ブラウン系の塗料 ・お好みの色の塗料(薄い色がおすすめ) ・紙やすり ・刷毛 100円均一でも準備ができるので簡単ですね。塗料は塗りたいものの材質に合わせたものを用意しましょう。ブラウンの塗料が下地、お好みの色の塗料が見える色になります。下地と見える色についてはお好みですが、コントラストがついていた方が色合いが綺麗にみえます。オフホワイトよりも黄みがかったクリーム色やライトグレー、ブルーグレーなどがよりアンティークを感じさせる色合いになるかもしれません。

さっそくやってみよう!簡単な家具の加工方法について

それでは実際に作業してみましょう。周囲が汚れても良いように、新聞紙やブルーシートで作業場所を確保してくださいね。自分自身の保護も忘れずに。3ステップなのですぐに終わりますよ! 1.ブラウン系塗料を塗り、乾燥させる。 2.お好みの色の塗料を塗り、乾燥させる。 3.対象の角や端の部分等を紙やすりでこすり、色を落としたり傷をつけていく。 とっても簡単ですね。先にブラウン系塗料を塗ることで、紙やすりで傷つけた部分から下地の色が見え、簡単にアンティークな風合いを家具に持たせることができます。カラーリングを変えることで様々な表情を与えることができ、家具や小物のイメージチェンジにぴったりですね。身近なものから是非やってみてくださいね。